エミレーツ、8月からAR対応アメニティキットを提供

エミレーツ航空は8月からエコノミークラスの利用者向けに、拡張現実(AR)技術に対応した新たなアメニティキットを提供します。スマートフォンでブリッパー社のARアプリ「Blippar」をダウンロードし、アメニティキットのバッグをスキャンすると、音楽や観光情報などのコンテンツを入手できるようになります。

「Blippar」は端末に写った画像を認識し、その詳細や周辺情報を表示するアプリです。コンテンツはブリッパー社と開発し、6ヶ月ごとに更新されます。

バッグのデザインは全6種類、いずれもバッグ内にはアイマスクや耳栓、歯ブラシ、歯磨き粉、靴下などが入っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ