スカンジナビア航空、制服を刷新

スカンジナビア航空は10月18日、キャビンアテンダントやグランドスタッフなど約8000人の従業員の制服を刷新しました。

スウェーデンのデザイン会社のTed Bernhardtzと共同開発したもので、コーポレートカラーの青を強く打ち出し、「利用者が一目見てSKの制服とわかるデザイン」に変更したといいます。 

スカーフについてはスウェーデンのアパレルブランド「AMA AWE」のデザイナーのアマンダ・アンダーソンさんを起用し、空から見たSKの機体をイメージし、同じく青をベースに「SAS」の文字を浮かび上がらせたそうです。

そのほかポロシャツやポンチョなども用意し、天候などによって調整を可能にしました。

飛行機に乗る際には、やっぱりCAさん達のファッションって気になっちゃいますよね~!

img5805adcf2b1c2

スカンジナビア航空の予約をするならこちらから!!

それでは、また今度!!

【情報・画像提供:トラベルビジョン】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ